皆さん、こんにちは!高松菊池寛通り校の中田です!前回、本番を控えた受験生たちへの応援メッセージを書きましたが、今回は、その受験生たちへとこれからなっていく1・2年生たちに向けてのメッセージを書いていきます!

まだ目標が決まっていない新受験生たちへ

 これを読む1・2年生の中には、まだ志望校が決まっていなかったり、就きたい職業が決まっていなかったりと、様々な悩みを抱えた人も居るでしょう。私もあなたたちくらいだった頃は、勉強する意味も生きる意味も全く分からず、ただただ目の前の娯楽にばかり没頭していました。周りの友達はもう目標を持っていて、中には凄い目標を持って物凄い勉強をしていたヤツも居ました。私だけ何もできない。私だけが取り残されている。

 そんなことはないです。君たちくらいの歳からはっきりとした目標を持って頑張れる人間なんてほとんど居ません。皆それぞれがそれぞれの生きる意味が何かをゆっくり考えて、その後目標を立てれば良いんです。

 今回の同日体験は、君たちの学力をランク付けして「お前は頭が良いからここへ行け」「お前はバカだからこれを目指せ」というものではなく、君たちが生きる意味を見つけるための、手段の一つに過ぎないんです。気楽に行こうぜ。今の君たちならどんな道へでも進んでいけるんだから。

もう目標が決まっている新受験生へ

 早速言いますが、君たちは優秀です。さっき書いたように、君たちくらいの歳で目標が決まっている人間はほとんど居ないんだから。でも私は、君たちみたいな人が一番心配です。正確に言えば、目標との大きな差があって、今までの努力じゃその差を埋められない人たちや、目標にはなんとか届きそうだけど、まだ挫折を経験したことのない人たちのことが心配です。

 先に言うと、君たちの目標は絶対に叶います。もちろん、あなたたちがその目標に見合うだけの努力をすればの話ですが。君たちは優秀だから、目標に向かうために何が必要かはぼんやり分かっているでしょう。ただ、必要なことがあまりに多すぎて現実的じゃないとき、目標まで順調だったはずなのに、突然何もかもが分からなくなったとき、多くの人は、その目標にはたどり着けないと早々に諦めて、別の目標を作ります。

 今回の同日受験では、君たちの目標にはどれくらいの勉強が必要かが大体分かります。これを読んだ君たちは、何があっても絶対に諦めないで。自分の持つ1%を0%にせず、最後までその1%をどうやって100%に近付けていくかを考え続けてください。君たちは、不可能がどんどん可能になる時代に生まれてきたんだから。

最後に

 全ての新受験生たちへ共通して言いたいのは、「同日受験なんてただの指標なんだから、重く考えずにここから頑張ってほしい」ということです。本番まで短い人でも、あと一年。最後に笑顔で終わるために、一緒に頑張っていきましょう!

2+